適切なホワイトニング剤を使って歯を白く

ホワイトニングを初めておこなうときは、ホワイトニングの知識や技術に長じた歯科医の指導を受ける必要があります。
ホワイトニングが自分に合わない場合など、強い痛みが生じたり、十分に白くならなかったりするからです。
体に関することですから、やはり安全性は何よりも重要です。
また安全性のみならず治療費が気になる人も多いでしょう。
安全性も治療費も、いずれも切実な問題ですから、明確に把握しておくことが大切です。
ホワイトニングで使用する薬の安全性を懸念する人も多いことでしょう。
自宅で行うホワイトニング――ホームホワイトニングで使用する薬には、過酸化尿素が10%含まれています。
しかし食品医薬品局(FDA)から承認されるなど、世界的にも安全であると認知されています。
ただ、オフィスホワイトニングでは高熱を発生させる装置を使用する場合があり、歯周組織がその熱によってダメージを受けないように、気をつける必要があります。
またオフィスホワイトニングでは、濃度の高い薬剤を使用することもありますが、そうした薬剤は歯科医師が厳重に管理するので、誤飲する心配はありません。
ホワイトニングの安全性に関しては、以上のようなことがいえます。
安全性とともに、ホワイトニングの治療費もよく調べておきましょう。
自宅で行うホームホワイトニングは、マウスピースの制作費を含めて、約20000~50000円ほどの治療費を見ておくとよいでしょう。
ホワイトニング剤を自分で買うと、約5000円から10000円でできます。
一方、オフィスホワイトニングでは全部で2~10万円の治療費負担となります。
何度か繰り返して行うときには、1本の歯につき5000円~10000円ほどの治療費がかかります。
安全性も治療費もよくしらべて納得して、ホワイトニングを行いましょう。