親戚の式に行ってきました

この間親戚の結婚式に行ってきました、元々は春に演る予定だったのがのびてのびて・・・ようやくなんとかこぎつけたって感じです。本当にタイミングの悪い時に重なっちゃって気の毒だったんですが、なんとか終わることができて親戚としてもちょっとホッとしました。
でも、本人たちはもっとですよね。準備もしてきただろうにそれがいつ開催できるかもわからないまま待って待って・・・要約できたんだから嬉しさもひとしおだったろうと思います。おふたりとも本当に幸せそうでした。
 
自分も結婚を控えている立場なんですが、正直あの状況を間近でみていた経験からするとつらいかな・・・と思っちゃってもいます。いつできるかもよくわからないままなんとなく準備を進めていくのは、相当にしんどいんじゃないかと思うんですよね。
しかもこれから寒い冬が来るわけで、もしかしたらより強烈な第三波がきちゃうのかもしれない。今度は夏みたいな弱毒化じゃなく、強毒化してしまうのかもしれない・・・。
わざわざ親戚や自分の親しい友人・同僚なんかに集合してもらった上で、そこでクラスターなんか発生してしまったら最悪ですよね。いったいなにやってるのか、わけわからなくなります。
 
そうなると式自体を数年くらい先にしてしまってもいいのかなと思うんですが、やっぱり彼女からするとそれはそれでつらいらしくて・・・まあそれはそうですよね。女性からしたらこんなに大事なイベントもないわけだし、一生に一回というレベルで着飾れるんですもんね。
自分自身も何が何でも式はやらん、という感じではなくなにかいい方法があれば考えたいと前向きに思ってはいるのでもう少し時間はかかるかもしれないですがなんとか少しいい方向を探してみたいと思います。
最近は便利なブログも結構多いので、そのへんも参考にすればきっと大丈夫でしょう。
結婚式プロフィールムービーおすすめ人気業者比較10選