荒療法だけど即効果!クリームでうるおいスキン

気温が上がりじっとりと汗ばむ季節到来です。皆さんのお肌の具合はどうでしょうか?
私は乾燥肌からくる皮脂過多タイプなのでちょっと気を抜くと大変なことになってしまいます。
最低限のお手入れはちゃんとしてるのに皮脂のせいですぐブツブツができちゃってそのたびにテンションはダダ下がり。
でもほっといたらもっと酷くなるし、人に会う機会があるとなるとこれはもういよいよもって緊急処置が必要です。
今回はそんな時に私がよくやる方法を紹介したいと思います。
●ニベアやオロナインなどで患部パック
なんだかんだでやっぱり昔からこれ!有名すぎるけど本当に効くから有名なんだろうなって思います。
顔のできものから虫刺されまでわりと万能です。
すぐに効果を期待したいときはわたしは顔面全体をまるで本当にパックの様にオロナインを塗って過ごします。
患部にクリームをぬり余計な油分を消毒してくれるのを待ちます。
3時間も塗れば大体のニキビなどは小さくなります。
頑固なニキビで3時間で効果が感じられない時は一回クリームを除去し清潔な肌の状態にして再度クリームを塗っておきます。
重ね塗りだと肌表面の余分な脂とクリームが混ざり清潔度がさがってしまうので、いちど拭ってから塗布しなおすのがポイントです。
一度目の塗布の際患部表面は消毒されている状態なので2度目は効きやすくなっていると思います。
ニキビやできものなど範囲が狭い部分だけの場合患部にポテっと塗りその上から絆創膏で蓋をしてしまあえば謝って触ってしまうことを防げます。
また頬っぺたや手足などガサガサになってしまっている部位にもクリームは有用です。
わたしはかかとなどのカサつきは靴下が引っかかってくるレベルになると塗るのですが、どうか皆さんはこうなるまでに処置していただきたいと思いますね。
固めのテクスチャのクリームを指紋や毛穴に刷り込む感じで塗るといい感じですよ。
ボディケアでより良くするというよりは、トラブルのある場所をケアしてフラットに戻すタイプの手段です。
とはいえやはりまず肌トラブルは起こさず肌に何かをするときは治すではなくより良くする行動をとりたいものですね。
ニベアやオロナインで落ち着いた肌には、今人気の幹細胞コスメを使って、エイジングケアを取り入れています。
ビューリンRの口コミで見つけたのですが、美肌をキープしている芸能人の方がプロデュースしているんです。
肌に優しくて、自分の肌にとても合っているようで、良いコスメに出会えました。