成長していく小説

26歳女性です。最近読んだ本は、30代前半の女性が、頭の中のもう一人の自分と会話しながら、日々起こる小さな困難や悩み事に立ち向かい、成長していく小説です。
この主人公は恋愛経験も少なく、友達と過ごすより一人で過ごす方が多く、自分とかなり似ていて、脳内で会話してしまう癖も深く共感したので、感情移入しながら読み進めました。
脳内の自分に背中を押してもらいながら、少しずつ成長する主人公の姿から、自分も小さな勇気を出して、今あまり満足できていない仕事や恋愛に変化を起こせるようになりたいと思いました。傷つくのは怖いけど、何も行動しなければ始まらないし変わらないし、悪いことも起こらないかもしれないけど、起こるかもしれないハッピーなことも見過ごしてしまうんだなと気づきました。