債務整理するとブラックリスト?

借金を完済してから、最低5年間は厳しいです。任意整理・個人再生・自己破産すべてです。
信用情報機関に、任意整理や、借金返済の延滞などが事故情報として載せられてしまいます。
しばらくの間は使えますが、クレジット会社は契約者の信用情報を定期的に更新して確認しています。そのうち使えなくなると思ってください。
いわゆる、ブラックリストに載っているという状態です。信用情報とは、信用情報機関が管理している情報です。
消費者金融やクレジット会社、金融機関などから登録される信用情報を管理することによって、膨大な統計的・記録的データを作っていきます。
契約者がクレジットカード利用や、ローン組みの際、会員会社は利用者が信用できる人間か判断するために、信用情報機関から得られた情報をもとに判断しています。
この作業がなぜあるのかというと、月々の返済額すら立ちいかなくなるような、契約者への過剰貸付などを未然に防ぐことが目的です。
クレジットとはつまり借金ですから、返せない人にお金は貸せないのです。
信用情報には氏名や住所、生年月日、勤務先の情報、業者との契約日や、未払いの状況、いつ最後に入金したかなどが記載されています。
ブラックリストという、まとまった情報の束は存在しません。信用情報には、前述した氏名や住所などの、あまり信用そのものとは関係のない情報も含まれています。
貸付額、延滞状況、債務整理の申告の有無なども記載されています。
そういった事柄が記載されていると、いわゆるブラックリストに名前が載った状態となり、ローン組みやクレジットの利用が難しくなります。
業者も、取引に応じてくれません。明確に取引に応じない基準は金融機関によって一律化されていないので、自己破産後5年経っていない状態でも、少額でしたら借り入れに応じてくれる金融機関もあります。
債務整理って何ですか?
債務整理とはその人が今後無理なく生活を送れるために、法的に借金を一度見直して、借金で困っている人を再生させる方法をいいます。
債務整理には“任意整理”、“民事再生”、“自己破産”と三つの方法があります。
任意整理とは、任意で借金の整理をすることになります。公的機関である裁判所を通さずに本人同士で示談することになります。
債務者と債権者の間で利息分の減額を交渉し、借金を縮小させます。
現在の返済額には無理があるけど、これから先、収入があって借金を支払っていこうという方には最適な方法となります。
弁護士に任意整理を依頼することで、和解成立まで返済が止まって取り立てもなくなります。
借金が減額されるだけでなく金銭面においても、5年以上の金融業者と取引していれば、50万円ほどあった債務がキレイに消えることもあります。
また7年以上の取引では利息を支払い過ぎているなど、利息制限法によって計算すると過払い金が発生することといったこともあります。
これまでと比較すると随分借金の返済額が少なくなる上に、今後の利息も免除されるのが任意整理のメリットになります。
なので、今すぐに借金全額を全て無くしたいという方には向いていない方法ではあります。
またデメリットとしては、任意整理をすることで、信用情報がブラックリストに載ってしまうため、クレジットを含む借り入れができなくなります。
民事再生とは、任意整理だと返済能力を超えた債務総額が残ってしまうが、自己破産はしたくない人に合った方法になります。
住宅ローンが残った邸宅を保有している方が、住宅を手放すことをせずに生活が再建できる債務整理の一つです。
弁護士に相談することで、いち早く地方裁判所に民事再生の申し立てを行ってくれるので、早い解決方法になります。
民事再生は借金の元本を大幅に減額できるのがメリットになります。
ただ、民事再生は裁判所に申し立てるため、官報に名前が登録されますし、信用機関のブラックリストにも掲載されます。
債務整理とは?4種類の手続きで異なるメリット