世界で1番短い戦争

昔から国同士のいざこざは絶えることがありません。最悪の場合は戦争が勃発してしまいます。戦争と言うのは嫌なものです。なるべく早めに集結してもらいたいものですよね
世界一短い戦争について今回紹介していきたいと思います。1896年8月27日、イギリスとザンジバル保護国の間で戦争が勃発しました。ザンジバル保護国とは、アフリカ東海岸のインド洋上にある諸島のことです。当時はイギリスの保護国と言われていました。
ザンジバルのお偉いさん方はイギリスに対して好意的ではありましたが、中には反発をしていた者も当然いました。それがハリド・ビン・バルガシュ率いる勢力です。その勢力はイギリスと対立することになったのです。
イギリス軍はハリドに軍を解散させルようと最後通牒を送りました。しかしながら、その君は最後通達を無視したのです。その結果イギリスとサンバジルは戦うことになったのです。
イギリス軍は巡洋艦3隻、砲艦2隻、海兵隊と水兵計150名、ザンジバル人部隊900名を港に集結。それに対して2800名もの兵士を用意したと言われています。3倍以上の兵士がいたにもかかわらずイギリス軍が圧勝したのです。これは戦力の差によるものです。2800名いましたがほとんどがどれだったと言われています。この戦争後わずか45分で集結しました。この短い記録はギネスブックにも登録されています。