ハチミツとおしこk

子どもの頃にハチに刺されたら、友達が冗談半分で「オシッコをかけると治るって」と言ってきた経験ってありませんか?この迷信は全国にひろく広まっています。なぜこの迷信が生まれたのでしょうか?オシッコにはアンモニアが含まれています。実は、このアンモニアが消毒の作用を起こしてくれるのです。ハチチに刺された患部の毒を解毒できるわけです。ですが、おしっこの解毒はアリの毒素である「蟻酸」に対してのみ。そもそもアンモニアは体内で尿素に変わって排出されています。そのため、患部にオシッコをかけても何の効果も期待できないでしょう。バイキンが入っていれば、炎症が酷くなることもあります。また、刺された部分に口をあてて毒を吸い出す行為はNGです。だ液で毒がとけると、口内にしびれなどが発生してしまいます。
では、ハチに刺されたらどうしたら良いのでしょうか?まずは患部を指などで絞るようにしてください。そして、毒をなるべく外へ排出しましょう。続いて、流水で洗い流してください!ハチの針が残っているなら、ピンセットを使いましょう。その後はできる限り患部を冷やすのがポイント。冷やすことで血管が収縮しますので、毒が体内へ回りづらくなるのです。これらの応急処置が終わると、すぐに皮膚科を受診しましょう。