どんな高騰の意味があるのか

株では株式チャートによって売買判断を行うという手法があります。
そして、そのうち1つが押し目買いといわれている方法です。
株価が移動平均線と接する値を底値と判断し、その底値近くに数字が来たら、株を購入するというのが押し目買いというやりかたです。
これまでの経験によると、これから株価が上昇する傾向が強まるポイントといえます。
私は最近、株を始めたばかりの新米で、株初心者の本を買い求め、熟読しています。
参考になる本もあれば、「ん?こっちの本と書いてあることが違うんじゃないか?」といささか疑問をもってしまうような本もあったのですが、良い点も悪い点もみんな勉強していきたいです。
初めて株を売買する人でも利益を出す秘訣は、焦って行動しないことです。
いつか買おうと思っていた銘柄が急に価格が高くなったといって慌てて買い付けすると大抵は高値掴みということになりかねないのです。どんな高騰の意味があるのか、高値になりすぎているのではないだろうかと買い付ける前に分析をし直して冷静に行動しましょう。
私の持っている株がここ最近、激しく上がり下がりしていますので、儲かるかもしれない株、下がるかもしれない株を自分の目で判断をし、売り買いをしたりしています。時折失敗して、マイナスになることもあるのですが、現在のところはなんとか収支がプラスになっています。
今の状態のまま、プラスで売り抜けられたら嬉しい限りです。
株式投資のビギナーにとっては分かりにくいことだらけに思えるのではないでしょうか。どこの証券会社に口座を開設して株式を買えばいいのかなど、迷ってしまう人が大部分です。誰しもが利益を得られると思って株投資を開始するわけですが、トータルで利益を残せる人は少ないでしょう。